一日一毒

一日一言。晴れあり、雨あり、嵐あり

たかが、おでん。されど、おでん

そうです

「おでんの素」があれば、誰でも、美味しくできる、あの、おでんです

でも、私は、あの「素」の味が、どうも、薬臭くて、苦手です。



おでんを作ろうと、昨夜の夕食後から、出汁作り


おでん出汁は、オリジナルです



出汁は、いりこ、こんぶ、鰹節という定番に、鶏ガラをコトコト炊いています。

鶏ガラは、あまり強火にすると、出汁が濁ると、何かのTVで言っていたので、沸騰してからは、コトコト。

澄んだきれいな出汁ができます。

酒、みりん、薄口醤油、塩少々。

みりんは、あまり、入れすぎると、変な、甘さになります。長天など、練り物には、どっぷりと、みりんが入っているので、少しだけにします。


砂糖は、入れません

〆には、ラーメンの出汁としても使えます。

店によっては、雑炊をする専門店もあります。(これは、私が食べに行った専門店)


おでん味噌は、白味噌、砂糖、辛子と、おでん出汁を加えて、練ります。

関東の方は、辛子だけで食べるそうですが、西は、白味噌を使います。


具材は、いろいろですが、トマトのおでんも、美味しいですよ。


夏のおでん、ビールが、進む君になりそうです。


そういう私は、今夜、パートナーと、焼き肉です。(´・ω・`)/~~肉には、勝てなかった(笑)


作った、おでんは、息子の夕飯用と、明日の私の、お弁当になります。


朝、楽チン(’-’*)♪

ちなみに、残った、おでんは、翌日、細かくきざんで、お好み焼きに入れると、美味しいですよ(スジ肉、こんにゃくは、必須)


翌日、おでんのままで食べる場合は、具材は一度出汁から上げて、別々に冷蔵庫へ。

手間だけど、出汁は、温める前に、こしたほうが、より、美味しいし、出汁が、にごりません。