一日一毒

一日一言。晴れあり、雨あり、嵐あり

湯河原「海石榴」つばき

湯河原、奥湯河原は、箱根とはまた違ったおもむき

バブルの時は、著名人も、訪れたであろうと、想像できる。

さすが、料亭旅館というだけあるなという、おもてなし

料理についても、細部まで、こだわった、プロを感じたけど、一泊4万以上なので、これなら、箱根のほうが、個人的には、好き。見所もたくさんあるし。バブルを過ぎて、ちょっと、くたびれた感を感じた湯河原。

私は、庶民のミーハーなので、湯河原の品の良さが解らなかったのかもしれない