一日一毒

一日一言。晴れあり、雨あり、嵐あり

痛い買い物

今日の毒


ちまたでは、夏のバーゲンの文字がいたるところに


おまけに、ショップからも、メールや、お葉書が届く

私も例外なく、騙されて?イソイソと出かけるんです。毎度のことながら(笑)


今期は、やはり、普段使いにできるワンピースが欲しい~

5月に買ったのは、通勤用。着替えがあるから、サッと脱いで、サッと着られる物

ついでに、暑いから、涼しいもの


そのコンセプトで1枚買ったけど、もう1枚は、欲しいなぁ(言い訳)


それとは別に、軽い食事に行く時の為のワンピースが欲しかった。もちろん、締め付けがなく、涼しいワンピース←こちらは、先週、2枚ゲット!


だけど、どうも、物足りなさを感じて、また、買い物に出かけるのであります。

ボーナスが出ると、ついつい、財布のひもが緩んでしまいます。


普段使いに、ちょうど良い物は、ショッピングモールの中に、沢山あるので、楽しくて、あっという間に時間が過ぎます。


あれこれ、鏡の前に立って、合わせてみるんだけど、よ~く考えてみたら、いくら流行りの洋服を着ても、年齢的なネックはあります。

あまりにも、若い人達と同じような洋服選びでは、首から上が「痛い」

けっこう、そういう人が多いのです。


ショップの若いスタッフに、勧められても、「なんか、痛いよなぁ」と思う時があります。そういう時は、買いません。


特に、夏は、腕も露出するわけで、地球の引力に、負けた肌を露出するには、痛すぎる!

毎日、ケアをかかさないような人なら、「まだ」いけるけど、何にもしない50代が、頑張っても、洋服は、素敵だけど、何か痛いと思ってしまうのです。


流行り物を着れば、着るほど、痛さが、倍増になるのを他人様の姿で、教えられるのです。


やはり、ほどよい流行りと、上質感は、年齢が高くなればなるほど、大事になるんじゃないかと思います。


確かに、着こなしやセンスによっては、お洒落に見える人も、沢山いますが、一般ピープルには、ハードルは、高いです。


先週も、ショップで、(20代の)娘と買い物に来ていた親子がいて、「交代で着られるよね!」と母親。


独り言:(いや~、そりゃ、無理があるでしょ?張りのある肌なら、可愛いけど、50前後のあなたには、痛すぎると思いますよ~)


ショップスタッフが、苦笑いしながら、「お似合いですよ」と母親に言ったのを見逃さない、おばちゃんです。


(せめて、40代前半だな!)


まぁ、お買い上げされましたけど。計5枚ほど


自由に買えるお金もあって、お洒落が好きなのは、いいけれど、痛いのはなぁ


●洋服選びは、首から下ばかり見ないこと

●自分の体に自信は良いけど、過信しないこと

●夏は、特に、一番年齢の出る部分が、露出されることを知っておくこと

●マイナス10才をめざさないこと

●好きな物と似合う物は、違うと言うこと


人の振り見て、なんとやらを痛感した、お買い物Dayでした